不穏な村にようこそ「家の主たち」

あらすじ

タイル張り職人のコジモとエリアの兄弟は、ローマから小さな村にやって来る。元有名歌手の家のタイルを張り替えるためだ。重病の妻のために歌手は引退したと言うが、二人の仲はそうは見えない。村にも不穏な空気が漂っていて、次第に住民と兄弟の間で緊張が高まっていく。兄弟役はマスタンドレアとジェルマーノ。ベテラン歌手のジャンニ・モランディが歌を披露する。12年ロカルノ国際映画祭コンペ部門出品。

クロスレビュー

キタコのレビュー

これは凄い。終盤になるまで面白さが分からない。ある村に仕事に訪れた兄弟と村人それぞれが鬱憤を溜めていく。まるで花火が火花を散らして力を溜め、一気に爆発する展開に目がクギヅケに。兄役のマスタンドレアが安定の素晴らしさ。空に響く歌手の歌声も印象深く。高まるホラーサスペンス感がたまりません。

映画の評価
ハラハラワクワク
(4.0)
ドキドキ
(4.0)
考えさせられる
(3.0)
笑える
(1.0)
泣ける
(1.0)
総合評価
(4.0)

フレームホッパーのレビュー

ムナクソ展開にぐぬぬ。明快なサスペンスものを期待すると肩透かしを食らうが、不穏な田舎町で起こる不条理を受け止める心構えがあればOK。地味さは否めないが、主人公兄弟のボンクラ感は憎めない。田舎の若者集団も、それがそのまま成長したようなおっさんたちも怖いし、何やら複雑そうなセレブ夫婦も不気味。でも一番怖いのはそんな所に都会から来たよそ者が気負いなく入っていくところ。隠居ぐらしのセレブ歌手を演じているジャンニ・モランディは、実際に往年の有名歌手で俳優でもあり、興味深い配役。

映画の評価
ハラハラワクワク
(3.0)
ドキドキ
(2.0)
考えさせられる
(3.0)
笑える
(3.0)
泣ける
(2.0)
総合評価
(3.0)

作品データ

原題/Padroni di casa

制作年/2012年

制作国/イタリア

時間/90分

ジャンル/サスペンス

受賞歴/

原作/

配給/

監督/エドアルド・ガッブリエッリーニ

出演者/ヴァレリオ・マスタンドレア、エリオ・ジェルマーノ、ジャンニ・モランディ、ヴァレリア・ブルーニ・テデスキ

コメントを残す