ビバ♡イタリア!「映画 ホタルノヒカリ」

働く女子のリアルストーリー「anego」「ハケンの品格」に続き日テレのドラマとして始まったのが2007年。そこからドラマは「ホタルノヒカリ2」と続編も人気だった為ついに待望の映画化!恋愛や仕事に忙しいはずの20代を家でゴロゴロして過す女子の総称として劇中に登場する言葉「干物女」が流行語大賞にノミネートされるほどの人気だった!

作品情報

(C)2012「映画 ホタルノヒカリ」製作委員会

公開日
2012年6月9日

上映時間
110分

監督・キャスト
監督:吉野 洋
主要キャスト: 綾瀬はるか 藤木直人 手越祐也 板谷由夏 安田顕 松雪泰子

公式サイト
映画 ホタルノヒカリ – 映画・映像|東宝WEB SITE (toho.co.jp)

感想レビュー

(C)2012「映画 ホタルノヒカリ」製作委員会

①好きだった点
とにかく家ではゆるゆるの雨宮蛍(綾瀬はるか)がどこか憎めなくて愛おしい。働いている時にはみせない家でのダメ人間な姿だったり、おふざけをする2人の姿は心許せる相手にしか見せられないと思うとほっこりした気持ちでみれるのが良い!そしてついに舞台は新婚旅行!海外ですよ!イタリアの観光スポットを「ローマの休日」の舞台を元にスペイン広場、コロッセオ巡る。そして…滅びゆく断崖の街チヴィタ・ディ・バニョレージョへぶちょおを捜してイタリアでもドタバタラブコメは健在!ドラマの雰囲気はそのままにスケールアップして海外ロケ出来たのはよかった!

②ツッコミポイント
イタリアが舞台のはずなのにほぼほぼイタリア人との接触ははない。そしてイタリア版干物女として登場する松雪泰子!ほぼ、蛍の通訳としての役割として使われている。なんともツッコミどころ満載の設定ではあるもののコメディタッチなキャラクターが売りなので気にしたら負け。

③見どころ
なんといってもイタリアの街並みが綺麗。特にチヴィタ・ディ・バニョレージョは「天空の城ラピュタ」のモデルとなった土地で風や雨の影響でどんどん小さくなってしまっているそうで後50年ほどでなくなってしまうとされている。実際に住んでいるのは5人ほどだとか…。そんなチヴィタ・ディ・バニョレージョに行きたいけれど実際はなかなか行けない。そんな人にお勧めしたいのが「天空の結婚式」という映画。がっつり舞台になっているのでぜひ!

映画の評価
ハラハラワクワク
(4.0)
ドキドキ
(3.5)
考えさせられる
(2.0)
笑える
(4.0)
泣ける
(2.0)
総合評価
(3.0)

まとめ

(C)2012「映画 ホタルノヒカリ」製作委員会

このコロナ時代でなかなか新婚旅行にも行けないけれど…日本人に人気の新婚旅行の地イタリア。結婚する時ってなんだか結婚というキーワードの映画をただただひたすらみたくなったのは私だけではないはず。この作品ほんわかした雰囲気の物語りなのでドラマをみていなくても勢いで全然問題なくみれちゃう。
(文:編集長)

1 COMMENT

問題を乗り越えたカップルの絆はさらに強くなる!「天空の結婚式」 | Cardia

[…] この作品のみどころのひとつとして最高のロケ地があげられる。イタリアの人気観光地チヴィタ・ディ・バニョレージョが舞台になっている。同じ舞台となっている映画としてあのジブリの名作「天空の城ラピュタ」や人気ドラマの続編「映画ホタルノヒカリ」がある。現在、この街に住んでいるのはたった数人でどんどん街は小さくなり今後なくなってしまうと言われている。なくなるまでに一度は行きたい場所のひとつ。新婚旅行でも大人気のイタリアに行く予定のある人は是非この映画をみて欲しい! […]

返信する

コメントを残す